ショップ きたみさん!
【ショップきたみさん!】https://kitamisan.stores.jp/

2016年02月02日

今日の北見は-24℃まで冷え込みました(゚Д゚)/佃煮風のしっとりした「オホーツク玉ねぎふりかけ」

| 02/02 13:34 | 日常のヒトコマ(*゜▽゜) |
こんにちは、オホブラ百貨店のスタッフ1号です。
今日の北海道北見市は冷え込みました〜深夜に−24℃になったようです

今朝インターネットで見た天気予報では、8時で−21.8℃、晴れ時々くもりの予想気温は最高−6℃/最低−22℃、降水確率30%、昨日の気温は最高−8.2℃/最低−22.7℃、降雪量2cm/最深積雪値38cmでした。
10日間予報では、6日(土)・10日(木)・11日(金)に雪マーク、予想最高気温は−6〜2℃/最低気温は−7〜−20℃と出ていました。

今日の北見バス、車内は途中まで、私一人きりバス通勤開始です
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
西4丁目通りにかかる橋の上から、北見駅の方をみたところ。
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
まちきた大通りビル「パラボ」の横を通ります。
心の中でオホブラ百貨店の商品担当の「◎◎さ〜ん!おはようございます」と思いながら
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
北見赤十字病院(通称日赤)の横を通過。
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
今日もバスを降りてから、この階段を登ります
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
階段を登り切ったところ。
昨夜は寒さのため、ライトピラーが見えたのですが、撮してる余裕が無くてf(^ー^;
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
青葉通り。
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
仁頃通り。
あまりの冷え込みに、歩くたびにキュッキュと音がします。
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
途中でスノーフラワーを見つけました(^▽^*)
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市
事務所の前の景色、空が広いですね(*^_^*)
2/1:オホブラ百貨店・今朝の北見市

最近のオホブラ百貨店で紹介している中から、人気のある製品をご紹介d00.gif
5個単位でのリピータが多い、オホーツク玉ねぎふりかけは人気の一品です。
オホーツク玉ねぎふりかけなんと言っても「北見地方はタマネギ生産日本一!
地場の美味しいたまねぎをたっぷり使用したのがオホーツク玉ねぎふりかけは、ふりかけといっても、私達が目にする事の多いサラサラ乾燥したふりかけとは違い、ちょっと高級感を感じる佃煮風のしっとりしたふりかけです。
ここのところ、一般のふりかけって熱々のご飯に乗せてすぐ食べると、サラサラだから口の水分を奪ったり喉にひっかる感もあって苦手だったんです、おまけに歯にも挟まりやすいし(^^ゞ
お弁当の時は、朝ご飯に振っておいて昼に食べる時はしっとりしてるのでまだ良いんですけどね。
でも熱々のご飯で食べたいよなぁ( ̄〜 ̄;)

この玉ねぎふりかけは、熱々のご飯に乗せてすぐ食べても喉に引っ掛からない!
そりゃそうですよね、しっとりしてるんですから
玉ねぎの旨みと甘みに、鰹節と昆布のベースでゴマと唐辛子がピリッときいた醤油味。
60%以上もたまねぎなのに臭みもなく、シャキシャキの歯ざわりがおもしろく、玉ねぎ嫌いの子どもでも、このふりかけならタマネギと気付かずに食べられます。
「熱々のご飯」「おにぎりの中身」「ご飯にまぜて握っても美味しい」「お茶漬け」「納豆に混ぜても美味しい」「冷や奴の具材」など、こんな食べ方もありますので、色々楽しめます(^▽^*)

オホーツク玉ねぎふりかけ 唐辛子入りもうひとつ「オホーツク玉ねぎふりかけ 唐辛子入り」があります。
より唐辛子が利いている大人味もなかなかいいですよ〜お酒のおつまみにもどうぞ

前にお土産で頂いた京都の老舗店の佃煮に似てるなぁ〜、でもこっちの方が断然私好み♪なんて言ってもお値段お手頃(^^)v
老舗店の佃煮なんてそうそう買えないですもの・・・ね(*/∀\*)
温かいご飯にたっぷり乗せて、いただきます

このあとも温かい牛蒡茶とちょっと薄めの紅茶などを飲みながら、ゴールデンバター飴こぐまのいちごキャンディーの2つで、作業をガンバリます□_ヾ(^ー^)カタカタ

staff.jpg
昨夜は降りるバス停を間違えた(^◇^;)
今日は間違えないぞ!と思ったのに、帰りはバスじゃない事になった(笑)

2015年のたまねぎ・じゃがいも・かぼちゃ
オホブラ百貨店:オホーツク秋の味覚セット(じゃがいも・たまねぎ・かぼちゃ)9月18日(金)より、注文受付中!!



posted by きたみさん!Staff(元オホブラSTAFF) at 13:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) |
日常のヒトコマ(*゜▽゜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▲ページトップへ