2007年09月10日

赤い小さなオンコの実(1)

| 09/10 10:01 | 日常のヒトコマ(*゜▽゜) |
今日はどんより雲に覆われた空から、ポツポツと小雨が降っています。
何だか肌寒く感じたので、半袖を長袖シャツに変えカーディガンを上に着ました。
今朝の車載気温計は16度、予想最高気温20度で雨のち曇りの予報です。

ふと駐車場の植え込みを見ますと赤い「オンコの実」が数粒なっています。
オホブラ百貨店:オンコの実北海道では「オンコ」と呼ばれていますが、イチイの木の事を言うそうです。

秋になると赤くて柔らかい中には種がひとつ入った実をつけます。
子供の頃、祖母の家に遊びに行って庭先の大きなオンコの木に登り、上の方の枝になっているオンコの実を取って木の上で2つ3つ食べるのが楽しみでした。
種には毒があって、母に何度も「オンコの実を食べるんじゃない!」と怒られたのですが、木の上で実を食べて種を吐き出すのも面白がっていたんですけどね(^_-)

おんこの実は、甘いのですが決して美味しい物ではないんですけど、子どもの頃は自然にある甘い物(山葡萄、グミ、グスベリ、花の蜜などなど)を取って食べる事が楽しくてしかたなかったんでしょうね。
その頃から自然に育まれた私は木の枝になっている実を見ると「食べられるのかな?」とすぐに思ってしまうようになったのでしょう(笑)

でも今の子どもは、オンコの実を取って食べてみようとか食べられるかと大人に聞くことも無いのでしょうかね〜。
posted by オホブラSTAFF at 10:01 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |
日常のヒトコマ(*゜▽゜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ